板金修理のモドーリーモリ
施工事例

こんにちは

 

またまた、前回と同じ様なバンパーのキズの修理です。

前回細かな工程をご紹介致しましたので、若干ダイジェストでお伝えします(^o^)

22721

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拡大!!!

22720

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、バンパー外して分解します。

22725

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キズの部分を削ります。

22727

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パテをうすーく盛っていきます。

22729

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パテが乾燥したら削っていきます。

22730

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーフェイサー(下地)を塗ります。

22734

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乾いたらサーフェイサー(下地)を研磨します。

23220

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり下地処理をして、塗装します。

23223

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キレイに塗装できました!!

23921

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車両に取り付けて、仕上げの磨き作業です。

23932

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成しました(^ω^)/

23940

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイジェストと言いながら・・・調子にのって、いっぱい写真を載せてしまいました(・・;)

 

次回は、バンパーじゃないモノもご紹介したいなーと思ってます。

 

こんにちわ

 

今回はバンパーのスリキズの修理過程をご紹介します!

一度は経験があるのではないでしょうか?

駐車場とか駐車場とか駐車場とか・・・

 

ほんっと多いです。こんな感じのキズ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょーっとわかりにくいので拡大!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はバンパー全体を塗装して仕上げるので、車体からバンパーを取り外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォグランプ・グリル等の付属品を取り外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キズの凹凸を削って平らにならします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々の状態より凹んでしまってるので、パテを盛ります。

パテって何?って気になられた方・・・

 

気にしないで下さい!!!

語りだしたら止まりませんので、省略します!

・・・ウソです。wiki先生が教えてくれます(笑)

「パテ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2014年2月9日(日)15:53 UTC、

URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%86_(%E6%9D%90%E6%96%99)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態では、ハミガキ粉くらいやわらかいので

乾燥させて固めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乾燥したらカッチカチに硬くなるので、余って盛り上がってる部分を削ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にサーフェイサーを塗装します。

サーフェイサーって何?って気になられた方・・・

 

パテの一種で、塗装が定着しやすくする為に塗る下地の事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも、しっかり乾燥させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乾くのを待つ間に、ドレッシングを作りましょう(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ふざけるな!と怒られそうなので、

マジメに調色作業に移ります(‘ω`;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この車の色は『X07』ってナンバーです。

が、しかし!!!

日焼け等の経年劣化によって色が変化してしまってる事もあるので

車をよ~く観察して調色していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よ~く混ぜます!

1つの色を作るのにイロイロ混ぜます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色を作るのに・・・イロイロ(失笑)

自分で言ってて恥ずかしいです。はい。

混ざったら、お試しで塗り板に塗装します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お試しの塗り板を車に合わせて見比べます。

色がバッチリ合うまで調整していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、ちょうどバンパーが乾いてきたみたいなので~

イイ乾き具合ですね~♪ (写真じゃわかんないですね・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、この状態だと表面がザラザラし過ぎているので・・・

ちょっと滑らかにさせたいので・・・

耐水ペーパーで削ります!

丁寧に削ります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足付けと言って、

一緒にサーフェイサーが塗装されてない部分も細かなキズをつけていきます。

これをちゃんとしないと、再塗装部分が簡単に剥がれてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏場はイイんですけどね~

冬場は手がどーかしてるぜぇ!ってなるらしいです。

でも、仕上りに影響する大事な部分なので、しっかりします!!!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足付け完了したので、やっと塗装ブースにやってきました!

全体的にくすんでいるのがわかりますか?(ん~わかりにくい・・・)

いよいよ塗装していく訳ですが、

バンパー表面に付着しているホコリをタックラグを使って出来る限り取り除きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ~塗ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うすーく塗って塗り重ねていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

均一になる様に・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本色を塗り終えたら、クリアー塗装をします。

上塗りとかトップコートって呼ばれたりもしますね。

塗装後はしばらくの間、ブース内で乾燥させます。

乾燥したら、付属品を取り付けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでの状態でだいぶツヤツヤになっていますが、

最後の大事な工程がまってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表面についてしまった細かなホコリ等を

磨いて落としていきます。ブツ取りって言われてる作業ですね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、全体を磨いて~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに磨いて~(^^)♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色によりますが、黒は細かなキズや汚れが目立ちやすいので

仕上げにも細心の注意を払います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何事も無かったかのように、キレイになりました(^ω^)

 

今回は仕上り重視の修理方法なので、色んな工程を積み重ねて修理しましたが

もうちょっと簡易的な内容でもいいかな~と思われる方も少なくないと思います。

修理方法については、事前にご相談させて頂きますので!

まずは、お気軽にお問合せ頂ければ無料で見積りいたします!!