私 森淳次は、平成4年8月31日入社後、平成15年9月8日代表取締役社長に就任し、これから、我々の進むべき道は、現会長 森剛が、創業時に、掲げた「経営理念」と私が社長就任時、掲げた「経営方針5V」に偽りなく継続実行すべきである。
心のこもったおもてなし、安心、安全 技術 万全なサポート体制この2つの経営理念、方針5Vを念頭に置き、我々の進むべき道「Mori Project」スタートさせる。「経営理念1」に関し安心し、購入して頂く為に厳しい査定、整備基準をクリアーした厳選された認定中古車、新車全国産メーカー、輸入車取り扱いに加え、整備車検、鈑金塗装を、年中無休体制でサポートしております。また、総合保険(損害、火災、第三医療、生命)としては、事故後の敏速な対応、相談、見直しが容易に出来るよう国内大手保険会社代理店を取得、さらに難関である自動車特級代理店を取得し、カーライフサポート出来る体制を整えております。
「経営理念2」に関しては、公正な職務評価制度、OJT(職場内研修)、Off JT(職場外研修)、月1度個人面談し、社員の働きやすい環境整備、キャリアアップ、やりがいを追求し続けることが「経営理念3」に比例し、「経営理念1」につながると信じ経営しております。
「経営理念5、6」に関しまして我々(自動車業界)は、車販売をさせて頂く一方で地球環境悪化を導き、社会的責任の一環とし、平成14年4月より自動車リサイクル法遵守したエコワールド(自動車リサイクル)事業部をスタート。地球環境悪化を防ぎつつ車と地球との共存共栄し、地域社会に大きな貢献できる企業とし日々努力する所存です。




現在、地球上には8億台以上(2006年3月現在)もの自動車が存在し、さらに毎年4〜5千万台のペースで増え続けております。最終的にそれらは廃車となり、地球環境に多大な影響を与えることが懸念されています。綺麗な地球を未来に遺すため、株式会社イー・エス・コーポレーションでは国内外のネットワークにより廃車を「ゴミ化」するのではなく「資源化」する、リユース&リサイクルの最適なシステムを提言していきます。




私たちは環境を考慮した中古パーツに着目しました、まだまだ使える部品が沢山有り、捨てれば産業廃棄物、日々世界の環境が破壊されていく中どの様に環境を良くする方法はないのか、又「もったいない」と言う精神から日々考え、中古カーパーツUPGARAGEを2000年10月に大阪の美原北インター店OPEN、京都八幡店、AUTOMALLMORI内三重上野店からの3店舗から国内は構成され2005年4月にはアメリカ カルフォルニア州にアメリカ初の中古カー用品店をOPEN致しました。日本では商品価値が無くても国外での需要は未だ計り知れないものが有ると確信したからです。価値有る商品を今後需要のある又環境を良くする目的を今後忘れず取組んで行きたいと思います。




















モリグループは「チーム・マイナス6%」に参加しています。